~今日は何の日~
(PC版でご覧下さい)

「理化学研究所創設の日」

1917年のこの日、理化学研究所(理研)が、わが国で初めての基礎および応用研究を行う機関として、東京都文京区本駒込に設立されたそうです。

6月19日(火)大阪の友達達が皆無事で何よりでした。営業中です。


↑↑↑販売ページはコチラをクリック↑↑↑

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CB400スーパーボルドール(SHA) 車検点検風景

今回は、2011年式のCB400スーパーボルドールの車検風景です。

前回点検時は約8,000㌔。今回点検21,000㌔という事で、約13,000㌔走行状態です。
どんな感じになっているのか?当ブログを見ていただいている方も、走行距離と2年間使用の状態をご覧下さい。


009_20180501182743c1e.jpg



早速分解していきます。


012_2018050118273925c.jpg


約半年前に、前後タイヤ交換を実施しました。
その際に、タイヤ・ホイール周辺は、清掃致しました。


010_20180501182741e60.jpg


まず、エアクリーナー。
前回新品に交換しています。また、CB400の特長ですが、ダクトに隠れた部分は綺麗な状態です。よって手前は綺麗です。
しかし、まだ交換するまでの汚れではありません。軽く清掃して(半乾式の為、エアブロー出来ません)取り付け。

021_20180501182921b6f.jpg

スパークプラグの状態です。
プラグも、前回新品に交換致しました。全体に綺麗ですが、スス(カーボン)が付いています。
燃焼状態は良好ですが、清掃致します。

022_20180501182923a50.jpg

綺麗になりました。
ギャップを調整し、取り付けます。

020_201805011829204ef.jpg

タンクを外したついでに、周辺も点検。
ホース類、カプラーの状態をチェック。この後はずした際しか出来ない、ワックスにて磨き上げました。
見えない所も、綺麗にするのが好きです。


011_201805011827415ad.jpg


兄貴分のCB1300も、フロントフォークを分解しました~。

015_201805011828131c6.jpg

フロントパット

018_201805011828180a8.jpg

シフトリンケージ

014_20180501182812d49.jpg

フートブレーキ類

013_2018050118274418f.jpg

リヤパット

全て、分解し点検清掃致します。

また


016_20180501182815297.jpg

フロントブレーキキャリパーASSY

017_201805011828163c9.jpg

リヤブレーキキャリパーASSY

全て、分解し、点検していきます。

リヤパットは範囲内ですが、もう少し(後3,000㌔位)にて交換予定です。

001_20180501182924864.jpg

全ての部品を洗浄し、清掃、測定致します。

002_201805011829512b2.jpg


Fパットは2.85㍉残(前回3.20㍉)2年で0.35㍉使用。まだ、交換は先です。タイヤ交換の際に。位です。

005_201805011829568df.jpg

Rパットは、2.50㍉(前回3.55㍉)2年で1.05㍉使用です。ユーザー様は、リヤブレーキの頻度が多いのかな。
しかし、まだ使用可能なので、日常点検にて限界の時交換にて説明致しました。

003_20180501182953072.jpg

パットピン、レバーピポットの痩せは少なく、大事に使用されている事が分かります。
当店以外の検査にての車両にて、よく痩せてガタが出ている車両も御座いました。安い部品ですが、車検時に点検し清掃し、グリスアップにて、摺動が良くなります。また当店は、Hondaシリコーングリス使用していますので、金属にも優しいので、痩せも少ないのです。

004_20180501182954323.jpg

あまり車検で分解する方は、いらっしゃらないカモですが、(少々、邪魔くさいのです・・・)リヤフートブレーキASSYと、シフトチェンジペダルのピポッド。

劇的にシフトアップと、フートブレーキのタッチが良くなります。結果乗り易くなりますので、疲れ方が違います。
このパーツもHondaシリコーングリスで仕上げます。


006_20180501183112ae2.jpg

組み付け後のフロントキャリパー。
ピストンの輝きが違います!当然ピストンもシリコーングリスを塗布し、出し入れし動きを良くします。

011_2018050118311692a.jpg

リヤも同じ作業を実施。

008_201805011831137bb.jpg

綺麗になると、スッキリします!

010_20180501183115c94.jpg

ピポットもスムーズな動きに。
リヤブレーキランプ点灯の調整も行います。

012_20180501183118fb9.jpg

車両を磨き、完成致しました。

排出ガスは、CO/HCテスターにて、CO・0%の、HC・0PPM。
さすが型式「EBL」車両です。排出ガスは、限りなくクリーンです。

013_201805011831339f9.jpg

メンテナンススタンドを掛けたら、レーシーでしょ。

014_20180501183135b0c.jpg

ブラック/ワインレッドのグラファイトが綺麗ですね。

015_20180501183136938.jpg

また、夏のツーリングと、いざと言う時の通勤に活躍するCB400SBです。

また、日にちが合ったら、ツーリング行きましょう!心ワクワクするのがオートバイの魅力ですね。


今回は、ユーザー様の了解を得て、使用度合と照らし合わせながらブログの記事と致しました。
皆様のオートバイはどんな状態で、どんな使用状況でしょう。

当店は、ノーチェックでは車検の意味が無いと考え、分解点検に約まる一日を費やします。
スピード車検は出来ません。オートバイだからこそ、確実に点検するのが私のこだわりです。
良かったら、ご相談下さいませ。自分のオートバイがもっと好きになるカモです。







※当店は二輪車の近畿運輸局認証工場です。ブレーキ・エンジン等の脱着オーバーホール(分解・清掃点検・交換)作業を施すには、運輸局による認証が必要です。測定機器・経験など認定される場合は国の厳しい基準にて工場が審査されます。分解整備点検は、国の法律(道路運送車両法第80条)にて、認証工場・指定工場にての車両を点検整備することが基本となっております。





はぎはらモーターは、一台一台、中古車もですが、心を込めて点検整備しています。お客様が気持ち良くオートバイライフを送って頂ける様アドバイス等、真摯にお答えしたいと思っております。是非ご用命をお持ちしております。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。