~今日は何の日~
(PC版でご覧下さい)

当店メールアドレス hagihara_motor@wish.ocn.ne.jp

「雪見だいふくの日」

ロッテが同社の製品「雪見だいふく」のPRのために制定したそうです。11月は「いい」の語呂合せ、18はパッケージを開けたときに附属のスティックと2つの雪見だいふくで18に見えることから。

11月18日(日)本日、臨時営業中です。

↑↑↑販売ページはコチラをクリック↑↑↑

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CB750L⑦ 中古車点検整備風景 その②

前回に続き、CB750L⑦の中古車加修&アップグレード作業です。

001_20181017084908280.jpg


シリンダーヘッドカバーガスケットより(右バンク側)オイル漏れが発生しており、ヘッドカバーガスケット・オイルプラグを交換しました(画像撮り忘れ)


また、ヘッドライトを教習車はバルブが違う&高さが微妙と言う事で、①型のヘッドライトステーを取り付け、ライトASSYは汎用品を加工取付しました。


006_20181017085008dfe.jpg

また、マフラーを外し、車体に似合った耐熱塗装を施しました。


ブレーキ前後は、パット・サポート・ピンなど分解し、清掃点検しました。いつもの車検点検作業風景と同じです。

003_201810170849106b3.jpg


肝心な箇所は、Hondaシリコーングリスにて、摺動を良く、グリス成分も長持ちで安心です。

002_20181017084912711.jpg


リヤも同様な作業を実施します。

001_20181017084913481.jpg


ブレーキ関係の作業画像はいつもと同じなので、割愛致します。「はぎはらモーターホームページブログ」で。



008_201810170850052e5.jpg

リヤブレーキペダルの、リンク・ピポッドもいつもの車検点検と同様、分解し、点検清掃します。
なかなか実施されないジャマくさい箇所で、足のブレーキなんか分からないと、皆様お思いでしょうが、劇的にタッチが良くなります。新車の感覚が蘇ります。


007_20181017085006ef1.jpg

なかなかの、ガンコ汚れでした。


009_20181017085138dbe.jpg


かなり完成したところで、前回のキャブレーター同調調整を実施。


021_20181017085139387.jpg

MOTULエンジンクリーンを添加し、同調ついでに、フラッシング作業を。


016_20181008103809007.jpg



おそらく、中古車で販売されていた様な当車両。エンジンオイルは綺麗な状態でしたが、MOTULエンジンクリーンにて、内部の取れるゴミ類はフラッシングで来ました。

022_201810170851403f4.jpg


純正オイルフィルター交換後、今回は、Hiroko マルチR10W-40に、教習車両でありがちな、エンジン内のフリクション低下による不具合の防止を考え、「ヒートカット」を添加致しました。

エンジンオイルにて、チューニング出来るHiroko社のオイルと、添加剤。すごくココと言うシーンに対応して頂けます。今後ユーザー様の調子を伺い、何かしらの対策をオイルにて行う為、また相談致します。


025_2018101708514222e.jpg


010_201810170851378c0.jpg


ETC・Hondaスポーツグリップヒーター・USB電源などハーネス類の取り回しを最終チェックし、完成です。

026_20181017085228d02.jpg


ノーマルのCB750に見えますが、実はLタイプの教習車仕様。
日本に一台しかない、ユーザー様にはとても所有感のあるバイクが完成しました。

028_20181017085230473.jpg

マフラーや細部がブラックで精悍な感じです。リヤサスもこの後、交換予定ですが、現在調子の良い状態なので、後ほどブラックに変るかもです。

027_2018101708523133f.jpg



・・・しかし、シートの破れがあり、張替えの為、入荷待ちでしたが、到着し。

031_20181017085233215.jpg

張替えです。

032_201810170852342e4.jpg

純正シート表皮は販売されていません。アフターメーカーパーツです。

033_20181017085307ff8.jpg

張ります。

034_20181017085309c4e.jpg

この後、シートを天日干しし、完成です。

025_20181017085310ad3.jpg


姫路運輸局にて、10年ぶりに新規検査を受け、晴れて3年検査を取得。公道に戻ります。

012_20181017090011214.jpg

何とも楽しく作業をさせて頂きました。完成し、少し公道を乗ると、綺麗なエアクリから、バランスのとれたキャブに吸われた混合気が軽快なエンジン音を奏で、騒音規制前のマフラーのいいサウンドにて排気されます。
また、フォークから伝わるホイールのベアリングのスムーズなクッションにて、路面状況を手に腰に感じ、シックリしたブレーキにて、スムーズな減速と停止を行い、何とも気持ちの良い車両となりました。

011_201810170900091b5.jpg

ETC・Hondaスポーツグリップヒーター・USBなど快適装備も何となく取り付いており、自然なイメージです。またヘッドON/OFFスイッチは、お客様のご注文のオイルクーラーファンのON/OFFスイッチとなります。


010_20181017090011f82.jpg


一見、2004年型のCB750④に見えますが、実はCB750L⑦の2007年式です。
ブラックを基調とした、車両になりました。ユーザー様のご希望に添えて、光栄です。
今後、何かとメンテナンスが必要ですが、是非、ご相談して頂き、末永く乗って頂きたいと思います。

はぎはらモーターは、この様なユーザー様のご希望に出来るだけ添える車両をご相談しながら、販売もさせて頂いております。
国内メーカー車両のみの対応で、90年代以降のバイクが中心ですが、良かったら憧れのバイクをお探しの場合、ご相談頂ければ幸です。




※当店は二輪車の近畿運輸局認証工場です。ブレーキ・エンジン等の脱着オーバーホール(分解・清掃点検・交換)作業を施すには、運輸局による認証が必要です。測定機器・経験など認定される場合は国の厳しい基準にて工場が審査されます。分解整備点検は、国の法律(道路運送車両法第80条)にて、認証工場・指定工場にての車両を点検整備することが基本となっております。





はぎはらモーターは、一台一台、中古車もですが、心を込めて点検整備しています。お客様が気持ち良くオートバイライフを送って頂ける様アドバイス等、真摯にお答えしたいと思っております。是非ご用命をお持ちしております。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。