~今日は何の日~
(PC版でご覧下さい)

当店メールアドレス hagihara_motor@wish.ocn.ne.jp

「指定自動車教習所の日」

全日本指定自動車教習所協会連合会が制定したそうです。1960年のこの日、道路交通法改正法が施行され、公安委員会が指定した自動車教習所を卒業すると運転免許取得時の技能試験が免除される制度が定められたそうです。

6月25日(火)今日も天気良いようです。今年は春が無かった。営業中です。

↑↑↑販売ページはコチラをクリック↑↑↑

CB750 RC42 スターターワンウェイクラッチ交換

今回は、冬の大掛かりな作業にて、CB750(RC42)のスターターワンウェイクラッチの交換作業です。

エンジン始動時に、セルが滑る・噛まないなどの不具合が発生した場合は、疑わしい部品です。
空冷多気筒エンジンは、エンジンをコンパクトにする為、エンジン内部に当部品は御座います。

早速、エンジンを外します。

001_20190209143316a74.jpg


マニュアルでは、エンジンをフルオーバーホールするのが手順ですが、当、ワンウェイクラッチのみ交換するので、クランクケース下部のみ外せば作業できるか試します。

002_20190209143317cc9.jpg

オイルパンを外し、オイル通路パイプを外します。

004_20190209143321453.jpg

クランクケースカバーを外せば、ミッションが外せました。

003_201902091434568ac.jpg

5速ミッションのメイン・カウンターシャフトを外します。

004_20190209143318f85.jpg

そして、スターターワンウェイクラッチ取付部の、AGCシャフトを抜き、外せました。

005_20190209143319936.jpg

この円形のパーツがスターターワンウェイクラッチです。
手にて点検しますが、全く不具合が解らず。手の力が、スターターモーターや、エンジンの圧縮圧力より、勝ることは無いので、確固とした原因は目視点検のみです。

001_20190209143458d45.jpg

左→新品、右→装着品。見た目でも不具合は確認出来ませんでした。

002_20190209143457a26.jpg

新品部品を装着し、焼けて剥がれにくい紙ガスケッを根気良く剥がし、清掃と調整を施し、エンジンを組み立てます。

008_201902091435001b5.jpg

外した際の教訓にて、重いパーツを取付ずに、エンジンをシャシに搭載します。・・・なかなかの重労働と気遣いでした。

002_20190209143501137.jpg

搭載した状態から、ギヤリンク・ACG・など取付。ココまで作業が進めはもう安心です。

002_2019020914361687a.jpg

今回、クラッチディスク・フリクションプレートは交換しました。長く乗れます。
規定トルクで、22ミリのセンターロックナットを締め付けます。

004_201902091436189cd.jpg

ヘッドカバー・マフラーを取付け。(マフラー取付けはかなり重いので、エンジンに次き苦戦しました)

007_20190209143619562.jpg

キャブレーターを装着し、緊張のエンジン始動です。
気持ち良くセルモーターの回転と共に一発始動します。また、5速ミッションが綺麗に入るか、クラッチが正常に作動するか確認をし、良好な状態を確認。

010_2019020914362004a.jpg

完成です。

しかし、かなり暖気を行った状態で、再始動を行うと、いわゆるエンジンステック現象が起こります。
スターターワンウェイクラッチにての、滑りは解消しましたが、また別の不具合が発見されました。

おそらく、ピストンリングが固着又は、バルブ周りがカーボンにより、結果エンジンステックを起している状態と推測されます。
しかし、走行によりリング・バルブ両カーボンが、不具合が発生しない程度に取れる可能性もあり、今後の課題とのユーザー様との答えが一致、致しました。

中々、手ごわい修理でしたが、完全に不具合解消とはならず・・・再チャレンジです。
しかし、1番大掛かりな箇所は改良し改善しましたので、それはそれで納得ですとユーザー様に労われ、少しホッとしました。
ありがとうございます。

また、再チャレンジです。次回はエンジン上部の点検修理です。末永く乗れるCB750となるように。





※当店は二輪車の近畿運輸局認証工場です。ブレーキ・エンジン等の脱着オーバーホール(分解・清掃点検・交換)作業を施すには、運輸局による認証が必要です。測定機器・経験など認定される場合は国の厳しい基準にて工場が審査されます。分解整備点検は、国の法律(道路運送車両法第80条)にて、認証工場・指定工場にての車両を点検整備することが基本となっております。




はぎはらモーターは、一台一台、中古車もですが、心を込めて点検整備しています。お客様が気持ち良くオートバイライフを送って頂ける様アドバイス等、真摯にお答えしたいと思っております。是非ご用命をお持ちしております。