~今日は何の日~
(PC版でご覧下さい)

「世界ハロー・デー」

1973年の秋、エジプトとイスラエルが紛争の危機(第四次中東戦争)となったことをきっかけに制定。10人の人にあいさつをすることで、世界の指導者たちに「紛争よりも対話を」とのメッセージを伝えるという日。「♪僕がハローと言ったら、君はグッバイと言う♪」

26日(日)出張にて、お休み致します。

11月21日(火曜日)寒い日です。昨日は、突然大雨・・・。冬ですね。営業中です。

↑↑↑販売ページはコチラをクリック↑↑↑

029.jpg
車検風景です。
2007年式CB1300SB7型です。今回で三回目の車検となります。この車検整備での別依頼は「フロント・リアタイヤ交換です」


023.jpg
フロントパットの点検です。前車検時から走行約10,000㌔、私がよくメンテナンスの基本は?とご質問され「掃除することです!」と言っています。その私の適当な言葉をしっかりお守りになられている、いつも綺麗なCB1300SBですが、ブレーキ類は洗えません。こんなに汚れています。しかし、パーツは綺麗な方です。

026.jpg
洗浄油等で、綺麗にします。走行時の細かなチリ・ゴミなどがだんだん多くなりゴミが発生し、固まり、パーツ等を傷つけ不具合に発展します。なるべく時間を掛けブレーキダストを除去します。

027.jpg
キャリパーも同じく、清掃。ピストン摺動部のダストを徹底的に清掃。また、ピストングリース塗布し、ピストンの動きを滑らかにします。いくらイイブレーキオイルを入れようと、この作業を怠ると、ブレーキ性能は格段に落ちます。
028.jpg
024.jpg
フロント周りはコレで終了。

013.jpg
リヤ周りの作業に移ります。

014.jpg
フロント周りと同じ作業をします。

015.jpg
ホイールベアリングの点検です。フロントも同じく点検します。

016.jpg
ハブベアリング、オイルシール等点検、清掃グリースアップし、ダメージが有れば交換します。

018.jpg
全てのパーツを点検、ブレーキ残量を測定し、組み付けます。普通の事ですがボルト類をトルクレンチにて、正確に締め付け致します。ボルトの締付反力を適正にした方が、不具合発生致しません。
※当店は二輪車の近畿運輸局認証工場です。ブレーキ・エンジン等の脱着オーバーホール(分解・清掃点検・交換)作業を施すには、運輸局による認証が必要です。測定機器・経験など認定される場合は国の厳しい基準にて工場が審査されます。分解整備点検は、国の法律(道路運送車両法第80条)にて、認証工場・指定工場にての車両を点検整備することが基本となっております。

030.jpg
当店は、トルクル充電器にて、リフレッシュ充電しています。バッテリーの診断も出来、安心です。スパークプラグ・エアクリーナー等点検し、ダメなら交換致します(別途費用)また、エンジンオイル・冷却水・ブレーキフルード等交換(別途費用)をし、クラッチ・ブレーキレバーオーバーホールし、CO/HC(一酸化炭素・炭化水素)の測定をし、燃焼状態の確認と環境面の基準値をチェックし、点検記録簿を発行し車検点検終了。

032.jpg
後日、近畿運輸局陸運部に直接伺い、継続車検を受験します。車検書・満了ステッカーが即日発行され、お客様の納車します。
※2014年2月から、「受験状種別・点検整備実施状況・受験形態」など備考欄に書かれています。当店は近畿運輸局二輪認証工場ですので記載されています。

はぎはらモーターは、一台一台、中古車もですが、心を込めて点検整備しています。お客様が気持ち良くオートバイライフを送って頂ける様アドバイス等、真摯にお答えしたいと思っております。是非ご用命をお持ちしております。