~今日は何の日~
(PC版でご覧下さい)

「世界ハロー・デー」

1973年の秋、エジプトとイスラエルが紛争の危機(第四次中東戦争)となったことをきっかけに制定。10人の人にあいさつをすることで、世界の指導者たちに「紛争よりも対話を」とのメッセージを伝えるという日。「♪僕がハローと言ったら、君はグッバイと言う♪」

26日(日)出張にて、お休み致します。

11月21日(火曜日)寒い日です。昨日は、突然大雨・・・。冬ですね。営業中です。

↑↑↑販売ページはコチラをクリック↑↑↑

CBR1000RR③ 中古車加修風景

今回は、CBR1000RR③国内仕様トリコロールカラー車両の点検・整備風景です。

中古車として売り出し予定でしたが、オーナー様が決まりました。良かったら同等の車両をお探しします!

005_20150820165419c6b.jpg


外装・タイヤを外した状態なので、車両が解り難いですが’04CBR1000RRトリコです。

AUCNETオークション落札車両にて、4・中・中点ものの当車両、外見は綺麗ですが、中身は・・・。


006_20150820165421c91.jpg


ブレーキ類は・・・です。汚い!

007_20150820165422a0f.jpg

キャリパーも・・・汚い!

008_20150820165424740.jpg


お掃除と、グリースアップにて、ピストン摺動を確かめ、スムーズに動くようにします。

009_20150820165538e8c.jpg

フロントのパーツ類の洗浄後です。

折角、スポーツモデルにて、軽量化の加工が施されているので、綺麗にする事で、本来のブレーキ性能が発揮する事でしょう。

010_201508201655391b5.jpg

ホイールベアリング点検・清掃・シリコーングリースアップし組み付け。

綺麗になりました。

011_20150820165540550.jpg


続きましてリヤー周りに。

012_20150820165541650.jpg


チェーンが錆ていて、新品に交換です。530チェーンの耐久性は凄いですね!交換は何時するの?って思います。・・・勿論、チェーン調整をこまめにしている事が条件ですが。

リヤーブレーキ周り、アクスルシャフト、キャリパーサポート等々、洗浄しグリースアップし組み付けました。


006_20150820165543958.jpg


クラッチ液の交換です。MOTUL DOT5.1にて、少しでも軽いクラッチフィーリングを。

画像に無いですが、レバーピポットにローラーベアリングが装着されていました。当然、全て洗浄点検しました。


004_201508201654187ad.jpg

コノ段階にて、エアクリーナーとスパークプラグを点検清掃しています。

プラグは当然イリジュームにて、メンテフリーですが、カーボンを清掃しました。

エアクリーナーは、モリワキ製の乾式タイプに交換されていました。エアーにて清掃し、取り付けています。



008_20150820165620f80.jpg


少しずつ完成に近づきます。

エンジンオイルMOTUL H-TECH100 10W/40・Honda純正オイルフィルターを新品に交換しています。

また、ブレーキフルードMOTUL DOT3.4前後交換、冷却水WAKO'S LLC全交換。



011_201508201656221a3.jpg

外装取付ボルト類も洗浄後、メタルクリーナーにて、輝きを。

ちょっとした手間で、見違えるように車体が綺麗になります。


012_20150820165625a00.jpg


完成です。

ウインカーがLEDにて、ハイフラ状態にて、また車検に適合しない面積のウインカーASSYだった為、純正ウインカーに交換しました。

国内仕様車の特長にて、ポジション(車幅灯)が標準のため、配線加工し取付。

また、オーナー様の依頼にて、ETCキットを取付。


014_201508201656269d5.jpg


外装を、3Mのノンシリコーンコンパウンドにて、磨き上げ。

白はもっと白に、新車時代の輝きが、蘇ってきます。

015_201508201657019fa.jpg

いい車体です。憧れの車両です。

016_20150820165703717.jpg

少し、カスタムされていた、当車両。

抑えた感じが、またカッコイイ!


017_20150820165704cf3.jpg



018_20150820165706bcc.jpg



019_20150820165707a57.jpg


後日、新規検査にて登録し、新しいオーナー様のもとに。

出来るだけ、整備点検し、販売しています。また、この時代のスーパースポーツ車両は派手に走り、状態が判りにくい車両が多々御座います。

トリコロールカラーの初期型’04CBR1000RRは、業者オークションにもなかなか出てきません。ましてや状態のいい車両は少ないです。

しかし、ちゃんと点検整備すると、多少劣化はしていますが、また輝きを取り戻し、素直に走り、曲がり、止まり、新しいオーナー様と、いい思い出を作りに出る事でしょう。



人も、バイクも「愛情!」ですね!







※当店は二輪車の近畿運輸局認証工場です。ブレーキ・エンジン等の脱着オーバーホール(分解・清掃点検・交換)作業を施すには、運輸局による認証が必要です。測定機器・経験など認定される場合は国の厳しい基準にて工場が審査されます。分解整備点検は、国の法律(道路運送車両法第80条)にて、認証工場・指定工場にての車両を点検整備することが基本となっております。


はぎはらモーターは、一台一台、中古車もですが、心を込めて点検整備しています。お客様が気持ち良くオートバイライフを送って頂ける様アドバイス等、真摯にお答えしたいと思っております。是非ご用命をお持ちしております。