~今日は何の日~
(PC版でご覧下さい)

「世界ハロー・デー」

1973年の秋、エジプトとイスラエルが紛争の危機(第四次中東戦争)となったことをきっかけに制定。10人の人にあいさつをすることで、世界の指導者たちに「紛争よりも対話を」とのメッセージを伝えるという日。「♪僕がハローと言ったら、君はグッバイと言う♪」

26日(日)出張にて、お休み致します。

11月21日(火曜日)寒い日です。昨日は、突然大雨・・・。冬ですね。営業中です。

↑↑↑販売ページはコチラをクリック↑↑↑

Yamaha SRX400 整備

今回は、絶版車Yamaha SRX400 の整備風景です。


026_201510160901447c4.jpg


ウエリントンカスタムパーツが多く使用されている車両です。


不具合は、エンジン不動・ガソリン漏れ・フロントフォークオイル漏れなどなど。



025_201510160901488b4.jpg


キャブレーターオーバーホールの画像撮り忘れです。


約5年間保管されていた当車両、ほとほと劣化した状態。

また、ガソリン漏れは、コックのガスケットにて安易に改善。



Yamahaパーツにて、新品販売されているガスケット・Oリングなどの部品を全て交換します。出る部品は交換が鉄則です。

エアクリーナー純正品に交換、エンジン始動良好になります。当然プラグ・エンジンオイル・オイルフィルターなど交換。

029_2015101609074966b.jpg


せっかく、フィルター交換するので、MOTULエンジンクリーンを施工。


027_20151016090145a6a.jpg


機関が良好になったので、車体周りに整備は移ります。


フロントフォーク、オイルシール・ダストシールの交換です。

当車両、ホイールが、おそらく ’89TZRの前後を装着されています。

フォークも変わってたら・・・と思いましたが、ステムがノーマルの為、SRX純正フォーク。部品選択OKです。



028_20151016090147c9c.jpg


MOTULにて10号のフォークオイルを注入。

底突きを起こしていましたが、当然改善。またスライドメタルも良好な状態にて、実走行の車体と判断出来ます。



024_201510160907511ef.jpg


前後、ブレーキ機関分解清掃し、良好なブレーキに。

ブレーキオイルと、マスターシリンダーインナーピストンシールを交換致しました。

リヤーブレーキパットは、デイトナの赤パットに交換。・・・すると、



022_201510160907518c9.jpg


微妙にキャリパーサポートの左右幅が違う・・・。明らかにおかしい。

リヤー周りを測定。

左と右のスイングアームに対するタイヤ位置がチェーン側に寄った感じで、約2ミリ程ズレている。

目視でも判るぐらいでした。


ピポットカラーを切削し、また反対側は交換し加工。

キャリパーサポート、キャリパー取り付け部も加工。


023_20151016090753da1.jpg


両方1.5ミリの範囲に調整し終了。

加工前の車体で走行した場合は、旋回時に左右の曲がる感じが違うと乗ってて判る状態だったと思います。しかし、この状態の車両を購入されてるので、これが普通と判断されたと思います。

カスタム車両として売り出す場合、こういうディメンションを、とらないと絶対いけないと思うのですが・・・取って、貼って、付けるなら誰でも出来ます。

ユーザー様は、「乗りにくいなぁ~」と思うけど、ちゃんと診ないと判らない。

センタースタンドが無いホイールなど、カスタムされた車体は判り難いです。


008_20151016090946073.jpg


カスタムが美しいSRXが完成しました。


始動はキックのみですが、コックをプライマリーにし、スロットルを5回ほど回し、濃くして、デコンプにて、トップに持って行き、勢い良くキックすると、始動します。しかし、コツが要る始動方法です。


トルク感が大きいSRX、一度乗ってみたいです。






※当店は二輪車の近畿運輸局認証工場です。ブレーキ・エンジン等の脱着オーバーホール(分解・清掃点検・交換)作業を施すには、運輸局による認証が必要です。測定機器・経験など認定される場合は国の厳しい基準にて工場が審査されます。分解整備点検は、国の法律(道路運送車両法第80条)にて、認証工場・指定工場にての車両を点検整備することが基本となっております。


はぎはらモーターは、一台一台、中古車もですが、心を込めて点検整備しています。お客様が気持ち良くオートバイライフを送って頂ける様アドバイス等、真摯にお答えしたいと思っております。是非ご用命をお持ちしております。