~今日は何の日~
(PC版でご覧下さい)

当店メールアドレス hagihara_motor@wish.ocn.ne.jp

「雪見だいふくの日」

ロッテが同社の製品「雪見だいふく」のPRのために制定したそうです。11月は「いい」の語呂合せ、18はパッケージを開けたときに附属のスティックと2つの雪見だいふくで18に見えることから。

11月18日(日)本日、臨時営業中です。

↑↑↑販売ページはコチラをクリック↑↑↑

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CB750④ (2004年型)車検点検作業風景

少しバタバタしていたので長らく、ブログをサボっていました。

閲覧数を見て・・・と思ってました。少し時間が経過しましたが、CB750④(2004年)の点点検風景です。




001_20180618132955d2f.jpg


オーナー様、大変綺麗にされています。
販売した私達も、凄く嬉しく思う1台です。早速、分解点検実施です。


003_201806181329557f7.jpg


まず、オーナー様ご希望にて、当店も車検時などにおススメしている「MOTUL エンジンクリーン」にて、エンジン内の不純物を出来るだけ綺麗にします。


002_2018061813295530f.jpg


当、「MOTUL エンジンクリーン」は、オイル&フィルター交換時に添加し、約15分程アイドリングにて放置するだけの施工です。
当CB750は、過去何回か当エンジンクリーン実施をしており、エンジンオイルを抜いたら多少不純物が出てきた位ですが、初実施の車両は、なかなかの不純物が出てきます。

良かったら、車検時やオイル・フィルター交換時にご相談下さい。施工にオイル・フィルター交換+「MOTULエンジンクリーン」の料金1,200円プラスです。


007_20180618133039b91.jpg


バッテリーは、充電しておくとして、今回は、前回点検時から、走行約2,000キロの車両のビフォー/アフターの形にてご案内します。


011_20180618133117376.jpg


タンクを外し、エアクリーナー・スパークプラグ・サブエアクリ・各カプラーの点検など実施。

008_20180618133040570.jpg


エアクリーナーは、綺麗です。
前回新品に交換しています。多少表面のゴミを取り除き、取り付けにてOK。



012_20180618133119661.jpg


スパークプラグは、前回新品交換し、この様な状態。
綺麗に焼けています。こんがりキツネ色の良好な混合気の状態です。


013_20180618133120620.jpg

綺麗に清掃とプラグギャップ0.7㎜位に調整。また元気に火花を飛ばし続けてくれます。




010_201806181330420c4.jpg


各ホース・EGRなどのホース類の劣化や、カプラーの接点をチェックし、清掃します。

014_2018061813312241c.jpg

見えないところですが、ワックスがけ。
少しの手間で、いつまでも”綺麗”を保てると思っています。(バイクは綺麗じゃなくっちゃ!)


005_2018061813303680c.jpg


ブレーキ・クラッチレバーとリヤパット。

走行が少ないので、綺麗な状態です。

015_201806181331512a1.jpg


清掃後のブレーキ・クラッチレバー。
特に、ピポッドスクリューの状態と、ピポッドの受けの状態で、ブレーキ・クラッチ操作が気持ち良く、スムーズになります。

016_201806181331535f4.jpg


いつもの、Hondaシリコーングリス塗布にて、取り付け。



017_2018061813315428a.jpg


リヤパットは、限界まであと1ミリ程。
もう少しタイヤが残っており、近日に交換を行うので、その際にパットも交換と相談致しました。



020_201806181332294c7.jpg


リヤキャリパーのこの辺りが綺麗なバイクを見ると、「ちゃんとしてる」と勝手に思っています。





006_201806181330370ba.jpg


フロントのブレーキパーツ類です。
やはり、綺麗な状態ですが、洗浄し清掃し、点検致します。


018_20180618133156b72.jpg

フロントパットは、まだ限界値より2ミリ程残っています。交換はまだ先です。

キャリパーサポートのアルミが美しい状態です。ブレーキングにてキャリパーがスムーズに動く事を想像しながら、必要箇所をグリスアップし、取り付けます。


019_20180618133157730.jpg


フロント側は、フォークやタイヤに隠れて、見え辛いです。当店は車検を施させて頂いた車両は、オイル交換時前後キャリパーのパット部をエアブローします。少しでもダストを取っておくと消耗も少なく、また次回の車検時も多少、楽が出来ます。



021_20180618133231726.jpg


バッテリーフル充電にて、取り付けます。発電量も正常。


022_20180618133232930.jpg


オイルはお客様指定の、HirokoマルチR10W-40にて。
チェーン・ギヤの清掃とベアリング類の点検を施し、車検終了です。



023_20180618133234fe4.jpg


この後、運輸局の継続審査を受験し、全ての工程が終了しました。


当、CB750④は、とてもいい環境にて保管され、またユーザー様も無理をさせない走りをされ、いいオーナー様に所有されています。

宝物の様に、CB750④を大事にされています。2004年式なので、もう絶版にて二度と新車は手に入りませんが、新車と見間違える様な状態の1台です。またそんな車両が当ユーザー様も希望で、お探しいたしました。

バイク→物というより、本当に大事な物という位置にあるんだなと思うバイクも入庫してきます。また、そんなバイクは点検していたら分かります。当店のユーザー様は、同じ気持ちの方が多く、原付・軽二輪も綺麗に大事にされている方が多いです。
ですから、私も「来た時よりも美しく」古い言葉ですが、心に思い整備致します。

移動手段の所有が多いクルマとの違いですね。こちらも襟を正し、作業させて頂いております。


また、ツーリングにその他、レクレーションに遊びましょう!バイクと言うものには、そんな1つ上の気持ちも御座います。







※当店は二輪車の近畿運輸局認証工場です。ブレーキ・エンジン等の脱着オーバーホール(分解・清掃点検・交換)作業を施すには、運輸局による認証が必要です。測定機器・経験など認定される場合は国の厳しい基準にて工場が審査されます。分解整備点検は、国の法律(道路運送車両法第80条)にて、認証工場・指定工場にての車両を点検整備することが基本となっております。





はぎはらモーターは、一台一台、中古車もですが、心を込めて点検整備しています。お客様が気持ち良くオートバイライフを送って頂ける様アドバイス等、真摯にお答えしたいと思っております。是非ご用命をお持ちしております。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。