~今日は何の日~
(PC版でご覧下さい)

「月面着陸の日」

1969年のこの日、アポロ11号が月面の「静かの海」に着陸し、人類が初めて月面に降り立った(日本時間では7月21日早朝)。

7月20日(金)午前中出張中です。

↑↑↑販売ページはコチラをクリック↑↑↑

VFR800F (RC46)

今回は、VFR800F(RC46型)の中古車・車検整備の様子です。


001_20150516092308dee.jpg


綺麗な状態ですが、点検整備していきます。

002_20150516092309b07.jpg


003_201505160923104bf.jpg

エアクリーナーと、スパークプラグの状態を。

スパークプラグはイリジュームプラグにて、点検不要ですが、取り外し、状態をチェック。

画像を撮り忘れていますが、状態は良い感じ。IMR8B-9Hと言う、プラグ。

エアクリーナーは、前回車検時に交換され、走行も少ないため綺麗な状態。

007_20150516092313573.jpg

サイドラジエータ-の当車両。V型エンジンの最近の車両は、採用が多い。

005_20150516092312249.jpg

タイヤ交換にて、エアバルブ交換します。

タイヤのみ交換すると、遠心力で結構劣化しているこのエアバルブが、割れを起こし、またエアバルブ交換をする事に・・・。

結構、この事例は多く、当店はタイヤ交換の際は絶対交換するパーツ。

006_201505160924089ff.jpg


センタースタンドが装着されている車両は、嬉しいです。

011_2015051609241113b.jpg

新製品のダンロップロードスマートⅢに前後交換。

パターンが旧製品のⅡがいいー、との声もありますが、性能は格段に上がっているとの事です。

012_2015051609241287e.jpg

新品は、いいですね!

008_20150516092409f03.jpg

ブレーキ前後の清掃と、ピストンのグリスアップを。

010_2015060208384092a.jpg

D-CBS付きの、ABS仕様の当車両。

センターピストンのみ、作動が違いますので、右と左のパットの減り方が若干変化します。

009_201506020839581df.jpg

純正パットです。綺麗に清掃し、点検いたします。

012_20150602084002fa9.jpg

前後連動ブレーキの作動は、重量車には嬉しい機能です。が、賛否両論。

しかし、新型車両はABS標準装備となり、ABS無しは今後発売しない。(一部の小排気量車と、トライアル車など除く)

D-CBSは、小回り時などは気を付けて旋回してください。

003_2015051609245452d.jpg

今回も、MOTULエンジンクリーンにて、エンジンフラッシング。

フィルター交換&MOTUL300Vに交換するため、最適な選択です。

002_2015060208391793e.jpg

006_20150602083921212.jpg

MOTUL300Vは、良いですよ!私も使用しています。

004_20150602083918e19.jpg

冷却水の交換も。

005_20150602083920447.jpg

勿論、リザーバーも交換。

008_20150602083923625.jpg

ブレーキフルードとクラッチフルード交換。

ブレーキは、DOT3.4を使用し、クラッチは沸点が違うDOT5.1を。

DOT5.1ブレーキフルードは、クラッチ操作を多少軽く出来るオイル。

油圧クラッチ車両は、渋滞時など、エンジンが高温になっても、クラッチフルードの沸点が高い為、油音に対して左右されにくく、操作が軽く行えるらしい。

確かに、多少軽くなります。

010_201506020840009a9.jpg

ブレーキフルードは、D-CBSの為、多い量の交換になります。ディレイバルブから前後のオイル交換が必要。

約、1リッター近く交換にオイルが必要です。

013_20150602084003524.jpg

だんだん、完成に。

014_20150602084059664.jpg

CO/HCテスターにて排気ガス検査。

015_20150602084100665.jpg

やはりの、排出ガス測定結果。

最近の型式ヘッドに(E)が付いているバイクは、測定値少ない。凄くクリーンな状態。


019_201506020841026e3.jpg

021_201506020841037e0.jpg

020_20150602084105424.jpg

完成致しました。

この後、ユーザー様に名義変更し、持ち込み車検実施。

027_20150602084123fb0.jpg


バイクという、現在社会では、もうあまり必要ないモノですが、人の心を豊かにしてくれる存在として、日常に彩りを与えてくれると思います。


※当店は二輪車の近畿運輸局認証工場です。ブレーキ・エンジン等の脱着オーバーホール(分解・清掃点検・交換)作業を施すには、運輸局による認証が必要です。測定機器・経験など認定される場合は国の厳しい基準にて工場が審査されます。分解整備点検は、国の法律(道路運送車両法第80条)にて、認証工場・指定工場にての車両を点検整備することが基本となっております。


はぎはらモーターは、一台一台、中古車もですが、心を込めて点検整備しています。お客様が気持ち良くオートバイライフを送って頂ける様アドバイス等、真摯にお答えしたいと思っております。是非ご用命をお持ちしております。




コメント

管理者にだけ表示を許可する