~今日は何の日~
(PC版でご覧下さい)

当店メールアドレス hagihara_motor@wish.ocn.ne.jp

「ファッションショーの日」

1927年のこの日、銀座の三越呉服店で日本初のファッションショーが行われたそうです。

9月21日(金)今日から秋の交通安全週間。皆さま、私も気をつけて。営業中です。

↑↑↑販売ページはコチラをクリック↑↑↑

フォーサイト・EX 最終型 整備風景

今回は、スクーター250の中でも、スタンダードなタイプのフォーサイトです。


当車両は、グリップヒーター標準装備にて、ハンドル周りが、かなりスッキリしている「EX」タイプとなります。



030_20151030174147a8b.jpg




軽二輪ですが、小型二輪の車検整備と同じ点検整備を実施致します。


002_201510301737197cb.jpg


リヤー周りの点検から開始です。

001_201510301737191fa.jpg


ブレーキパーツを分解し点検整備。

004_20151030173722063.jpg


リヤーキャリパーサポート・リンク・ピポットボルト・など分解。


003_20151030173720cbc.jpg


エンジンオイルは、汚い状態です。

当車両MF04型エンジンは、オイルフィルターが、スーパーカブのタペットカバーに使用されているモノの奥に、金網フィルターが使用されています。

メンテナンス性の向上です。最近のフォルツアMF10型以降、完全なオイルフィルターが使用されています。しかし、エンジン回転の負担が少ないVマチック車両には、金網フィルター十分ですが、最近の型は、エンジンを回す方が多い。そのための車体が作られたのか・・・?推測ですが。



005_20151030173752bfd.jpg


エアクリーナーエレメントも点検いたします。

綺麗な状態です。走行16,000㌔代、かなり丁寧に乗られていたように推測します。



006_201510301737544ca.jpg


ベルコン装置の点検・清掃です。これまた、綺麗な状態。ローラー・ベルト・クラッチに異常な磨耗も無し。

清掃&トルク管理にて、点検終了です。

009_201510301737551f2.jpg


スパークプラグです。

点検窓が御座います。嬉しい車両です。010_20151030173756f53.jpg

DPR7EA-9新品装着です。


017_20151030173848abb.jpg


続きまして、フロント周りと冷却関係の点検に入ります。

011_20151030173758b65.jpg


さすが軽二輪、今までノーメンテナンス状態。

CBR1100XXブラックバードと同じキャリパーが使用されています。・・・という事は、定評も酷評もある「D-CBS」ブレーキシステム。前をブレーキングしたらも後も制動し、後をブレーキングしたら、前も制動する。

ミッション車両には、急旋回のUターン時、教習所で教わる「リヤブレーキを効かし、出力をクラッチ操作しUターンする方法をやると、ブレーキが前後効き、コケます。


しかし、スクーター車両には、急旋回やUターンをあまりしないので、通常ブレーキングなら安定しているので、いい装置です。



冒頭のブレーキシューがリヤーに装着してあるのは、このブレーキングをする装置です。



021_201510301741131c7.jpg

リヤー周りの部品洗浄後の画像です。

023_2015103017411561f.jpg

トルク管理をし、確実に締め付け致します。


022_20151030174114b88.jpg

フロント部も同じく、清掃し、点検し、トルク管理し組み付けます。



013_201510301738447bf.jpg

ビックスクーターのメンテナンスで欠かせないのが、冷却水の交換です。

特に軽二輪は、車検点検がない為、冷却水の不足・劣化などで、不足はエンジン焼け、劣化はシリンダーライナーが錆だらけになり、メカニカルシール漏れによる、エンジン内に冷却水が入り、結果エンジン焼けを起こします。

過去何台と無く、上記不具合にて、エンジンのオーバーホールを施しています。

こちら側の人間にとっては、良い仕事となり潤いますが、ユーザー様にとっては、出費がかさみます。


定期的な交換をお勧め致します。目安は良く乗る方は2年に一度程度。

014_2015103017384656a.jpg

フォーサイトは、トランクBOXを外すとサービスマニュアルに記載していますが、外さなくても水温センサーのカプラーを外し、ゆっくりずらせば交換出来ます。


015_201510301738474b7.jpg

WAKO’SのLLCを使用。リザーバータンクも忘れずに交換。



024_20151030174116148.jpg

当車両、ステップ下のボルト・ねじ類も錆なし。

管理が良かった証拠です。中古車選びはこのようなボルト・ねじの錆なんかもチェック出来ればより、良い物が選べます。




車体下部の点検と交換はコレで終了。タイヤのエアチェックしOK。




026_20151030174118e91.jpg


ブレーキ前後のフルード交換です。

MOTUL DOT3.4を使用します。

027_2015103017414411f.jpg


交換エア抜きを施し終了です。コレで全車体チェック終わりです。


029_201510301737177dc.jpg

ポリッシャーにて、バフかけし・・・

022_20151108173934575.jpg
029_20151108173934ab8.jpg
017_201511081739327a8.jpg


綺麗なフォーサイト・EX2007年型の完成です。


Honda軽二輪スクーターの中で、載りやすく、早いと定評がある車両です。

グリップヒーター標準装備にて、真夏を除く季節に大活躍すると思われます。

少し、中古相場が落ち着いてきたスクーター。手軽な足に、ツーリングにと重宝する一台です。






※当店は二輪車の近畿運輸局認証工場です。ブレーキ・エンジン等の脱着オーバーホール(分解・清掃点検・交換)作業を施すには、運輸局による認証が必要です。測定機器・経験など認定される場合は国の厳しい基準にて工場が審査されます。分解整備点検は、国の法律(道路運送車両法第80条)にて、認証工場・指定工場にての車両を点検整備することが基本となっております。






はぎはらモーターは、一台一台、中古車もですが、心を込めて点検整備しています。お客様が気持ち良くオートバイライフを送って頂ける様アドバイス等、真摯にお答えしたいと思っております。是非ご用命をお持ちしております。
コメント

管理者にだけ表示を許可する