~今日は何の日~
(PC版でご覧下さい)

「世界ハロー・デー」

1973年の秋、エジプトとイスラエルが紛争の危機(第四次中東戦争)となったことをきっかけに制定。10人の人にあいさつをすることで、世界の指導者たちに「紛争よりも対話を」とのメッセージを伝えるという日。「♪僕がハローと言ったら、君はグッバイと言う♪」

26日(日)出張にて、お休み致します。

11月21日(火曜日)寒い日です。昨日は、突然大雨・・・。冬ですね。営業中です。

↑↑↑販売ページはコチラをクリック↑↑↑

'07 CBR600RR 納車準備点検整備風景

今回は、2007年式CBR600RRの納車準備整備風景をアップしました。


ユーザー様が心待ちにされている車両です。出来るだけ点検整備いたします。


001_201602170952506a9.jpg


レーシーです。

002_201602170952512a7.jpg


”着ぐるみ”(外装)を外します。

003_20160217095252684.jpg

タンクがイビツな形です。マスの中心を狙い、この様なレイアウトです。


001_201602170952540b1.jpg


エアクリーナーの状態です。

最近のバイクはビスカスタイプが廃止され、乾式タイプに。ある程度清掃出来、再利用出来ます。
乾式タイプは環境問題(再利用など)に貢献しているようです。


003_20160217095255799.jpg


国内仕様のECUです。

何かと海外仕様をとありますが、国内セッティングの方が、良いと思います。日本ほど過酷な状況の土地は少ないです。速さが求められるのは、サーキットのみです。

カプラー、コネクター類に接点復活剤を塗布し、組み付け。


004_2016021709533520f.jpg


純正フィルターです。
東洋濾器製のフィルター、国内メーカーが純正採用しています。少し原価が高いですが、信頼は抜群!当店は必ずこのフィルターを使っています。


そして、今回ユーザー様の御希望にて・・・

005_20160217095336496.jpg


MOTUL300Vを使用します。

モーターサイクル専用設計バージョンのエステル100%の超高性能オイル。

私も使用させて頂いていますが、違いは夏の凄く暑いときに、高速を連続走行した後でもエンジン音に変化が無い←以前使用していた高性能化学合成油では、連続走行を行った後のエンジン音が気になる常態で、また粘度も低下していました。
粘度が低下したオイルは、エンジンにダメージを与えるので、交換を年間2回行っていました。5W-30が冬・10W-40が夏と。

この300Vはそれが無かったので、年に1回(春先)のみ交換し、約年間3,000㌔走り、交換と言ったペースにて実施しています。
私はツーリングユースです。結果、コスト的にも最適なオイルと言えます。

※個人的な感想です。


006_20160217095338fbf.jpg


カウルを清掃しながら取り付け、車体の整備に移ります。

007_20160217095339743.jpg


このCBR600RRですが、少し難点なのが、リヤーパット交換。

無理やりやれば、出来ます。しかし、今回はキャリパー・キャリパーサポートも点検清掃します。外した方がしやすい。


008_201602170953410e5.jpg


キャリパースライドピンが固定の為、キャリパーがサポートから外れません。
諦めが肝心。分解し、各パーツ清掃します。


009_20160217095437c89.jpg

フロントパットです。

また、トキコラジアルキャリパーの取り付けボルトに大量のねじロック。

ねじロック剤って、少し塗布したらOKです。相手がアルミなのに・・・。トルクで締め付けしたらOKです。


011_20160217095440814.jpg

フロントパットに・・・

012_2016021709544235b.jpg


リヤーパット。

使用限界まで、まだですが、ユーザー様の意向により、新品に交換致します。


001_201602170954437d6.jpg

なかなか清掃できない部分なので、この際清掃とワックスを。

チェーンもスプロケットも清掃し、気持ち良い状態に。


002_20160217095535f9e.jpg

リヤーキャリパー・ピストンを清掃し、シリコーングリスにて摺動を良くさせます。
ブレーキング性能が上がります。また、新品パット装着時には、この作業は絶対必要です。


010_20160217095439f31.jpg


続きまして、フロントキャリパーも点検清掃。

リヤーと同じ作業を施します。


001_20160217095537a5a.jpg


清掃したパーツです。
気持ちいい状態です。パットもニッシン製の純正新品。高年式の車体の信頼はやはり、純正品。


004_201602170955414f8.jpg

気持ちいい状態ですね。
ピポッド部や、オイルシール、ホイールベアリングも点検清掃。



003_20160217095540c9e.jpg


フロント部分のバーツ類。


005_20160217095607eee.jpg


リヤーパットもですが、初期のアタリを良くする為、面取り作業をしています。

ブレーキタッチと、鳴きを防止してくれます。丁寧にヤスリにてショルダー部を馴染ませます。

008_20160217095608a68.jpg

ブロンズカラーのパットが美しい!気持ちいいです。


009_201602170956101ba.jpg


完成です。

また、オーナー様の御希望のオプションETCを取り付けました。

001_20160217095645048.jpg


目立たない様に、カウルに隠したかったのですが、’07以降は付け難い。
手持ちのステーにて、付けた感アリアリですが、装着。・・・スーパースポーツなのに、少しメーカー様も考えて下さい。


010_20160217095611273.jpg

何とも、いい形しています。カッコイイ!

011_2016021709561317c.jpg


このCBR600RRで、今からどんな思い出が生まれるのでしょう。

新幹線や飛行機のように、スピードアップにて時代により形の変更が、”カッコよさ”を生み出しますが、バイクやクルマは、いくら走りそうな形でも、一般車両には制限があります。

しかし、所有感というモノは、姿形により、気持ちが変ります。
このCBR600RRなどは、一般道では、必要の無い速さと旋回性能、ブレーキ性能を持っていますが、たとえ発揮しなくても、頑張ったら買える、所有できる、としては、この上ない達成感があるかもしれません。目標の無い社会に貢献しているかもです。しかし、クルマでは世界一の性能は、少し値段が高いですよね。

バイクは、世界一の性能を持った機械を所有できる楽しみがある唯一のモノかもしれませんね。
良かったら、バイクもイイですよ。




※当店は二輪車の近畿運輸局認証工場です。ブレーキ・エンジン等の脱着オーバーホール(分解・清掃点検・交換)作業を施すには、運輸局による認証が必要です。測定機器・経験など認定される場合は国の厳しい基準にて工場が審査されます。分解整備点検は、国の法律(道路運送車両法第80条)にて、認証工場・指定工場にての車両を点検整備することが基本となっております。






はぎはらモーターは、一台一台、中古車もですが、心を込めて点検整備しています。お客様が気持ち良くオートバイライフを送って頂ける様アドバイス等、真摯にお答えしたいと思っております。是非ご用命をお持ちしております。

コメント

管理者にだけ表示を許可する