~今日は何の日~
(PC版でご覧下さい)

「世界ハロー・デー」

1973年の秋、エジプトとイスラエルが紛争の危機(第四次中東戦争)となったことをきっかけに制定。10人の人にあいさつをすることで、世界の指導者たちに「紛争よりも対話を」とのメッセージを伝えるという日。「♪僕がハローと言ったら、君はグッバイと言う♪」

26日(日)出張にて、お休み致します。

11月21日(火曜日)寒い日です。昨日は、突然大雨・・・。冬ですね。営業中です。

↑↑↑販売ページはコチラをクリック↑↑↑

2008年式スペイシー100中古車整備風景

今回は、人気の原付二種カテゴリーのスペイシー100最終型です。


走行は8,000キロ台と、あまり距離が上がっていない車両です。


このコンディションなら、磨いて販売されている状態の多い車両ですが、しっかり点検整備します。


002_20160318085111957.jpg


下取時の画像を撮影し忘れています。

いつもの、大体分解した画像から・・・。


全体的に綺麗な状態です。バッテリーが上がっていた以外、乗れる状態にてピットインしました。



003_2016031808511248e.jpg


エアクリーナー・駆動系の点検ですが、画像撮り忘れ。エアクリーナーも走行8,000キロでは、汚れが少なく清掃にてOK。

ベルト・プーリーなども実走行のため、大変綺麗な状態。エアブローにてOK。



高年式の特長、AI(エアインジェクション)関連の点検を。

AIは、ダイヤフラムにて、新しい空気を排気マニホールドに入れて、排気ガスを綺麗にする装置・・・と言っても、モノを燃焼させているのだから、綺麗という表現が良いのか悪いのか??

まぁ、この装置のシリンダーヘッドに取り付けられているパイプが、ススで詰まり、アイドリング不安定を誘発させるので、点検です。


009_20160318085158e9b.jpg

エアクリーナーが二つ有り、こちらがAI用のエアクリーナー。

アイドリングや、エアカットした場合にボコつかなかったので、大丈夫ですがパイプと共に清掃しました。


燃費と、出力が向上するでしょう。



005_20160318085114a22.jpg

サクションバルブのダイヤフラムの作動によるカチカチ音が、「不具合だ!」って昔突っ込まれました事を思い出します。ゴムホースをつまんだら、音は消えますが、混合気が濃くなり、調子悪くなる事を、昔よく実演説明しました。



環境対策とは、クルマやバイクを乗らない事で、もっと言うと電気や水道、ガスを使わない事が最大の環境対策。人間が居なかったら、破壊は直ぐ止まるでしょう。

人間というもの自体が、環境破壊の産物です・・・便利を追求し過ぎています。だから、どの技術も日々進歩しています。しかし機械は複雑になっていきます。現在のバイクは昔に比べてクリーンです。







続きまして、スパークプラグの交換を。

004_20160318085113054.jpg


ホットタイプ?ではないですが、CR6HSAが装着されています。

少し焼けが酷いので、CR7HSAに交換しました。TODAYというバイクにも7番装着されているのに、排気量が高い車両でカブと同じプラグが標準プラグです。




続きまして、ブレーキの点検です。

007_20160318085116bb2.jpg


タイヤは最近交換されていますが、こちらはノーメンテナンス。


008_20160318085157303.jpg


いつものように点検し、清掃し、組み付けました。

ブレーキのタッチが格段に向上しました。






完成です。


014_20160318085201cc0.jpg


小傷は御座いますが、綺麗な一台の完成です。


当店販売ページ・店頭・Goobike・バイクブロスにて販売中です。


020_20160318085203a72.jpg


釣りバイク・・・何代目かな?たぶん13代目に・・・と考えましたが、リード110がベストです。


釣りの禁断症状が出ている毎日ですが、ぐっとこらえて、商売商売!また、近日Amebaの「はぎはらモーターのブログ」にて記したいと思います。




※当店は二輪車の近畿運輸局認証工場です。ブレーキ・エンジン等の脱着オーバーホール(分解・清掃点検・交換)作業を施すには、原動機付自転車の整備にても、運輸局による認証が必要です。測定機器・経験など認定される場合は国の厳しい基準にて工場が審査されます。分解整備点検は、国の法律(道路運送車両法第80条)にて、認証工場・指定工場にての車両を点検整備することが基本となっております。






はぎはらモーターは、一台一台、中古車もですが、心を込めて点検整備しています。お客様が気持ち良くオートバイライフを送って頂ける様アドバイス等、真摯にお答えしたいと思っております。是非ご用命をお持ちしております。


コメント

管理者にだけ表示を許可する