~今日は何の日~
(PC版でご覧下さい)

「空の日」

1911年のこの日、山田猪三郎が開発した山田式飛行船が、滞空時間1時間の東京上空一周飛行に成功しました。 1940年に「航空の日」として制定。戦争中中断されていましたが、1953年に復活。運輸省(現在の国土交通省)航空局が1992年に「空の日」改称したそうです。

9月20日(水曜日)少しづつ、こちらは秋祭りモード。今年も楽しもう!営業中です。

すいません、23日(運動会・予備日24日)26日(人間ドック)にてお休み致します。
↑↑↑販売ページはコチラをクリック↑↑↑

フォルッア・Z(MF08)・CB400SB(NC42)

しばらく、暑さと怠けで、「はぎはらモーターブログ」サボっていました。

また、少しづつ更新していきたいと思います。宜しくお願い致します。

今回は、車検整備や中古車整備と違いますが、「ん!」と思った事と、画像に撮っていたモノで。


まずは、「FORZA・Z」から。

FIランプ点灯・Fランプ点灯にて、1速固定にての不具合にて入庫。

MCS(モーターサイクル・コミュ・・・)診断機にて、FIランプ点滅の原因を。

「8ー1スロットル開度センサー低圧ズレ」

008_20170905083728601.jpg


スロットル開度センサーは、スロットルボディに横に一般的には装着してあり、Honda以外のメーカーなら、交換も可能な部品。

コイツの検出がプラス位置なら、異常判断は無いです。「低圧ズレ」を検出しています。・・・しかし、この判断が見れるのはMCSだけでしょう。

原因としては、何らかの操作不良にて、スロットル開度がマイナス検出→ECU(コンピューター)が記憶判断→セーフモードに。
”Sマチック付きのFORZAはこの不具合では終わらない”→レシオコントロールセンサーがスロットル開度の異常を検出→Fランプ点灯!一速固定で走行する・・・。

発生はこのメカニズムでしょう。

念に念を、レシオコントロールのモーターとシャフトを点検。またHonda様からの情報も点検。

009_20170905083726be8.jpg

原付のセルモーターと同じですが、全て異常なし。


ランプ点灯以外は、車両に不具合は無いので、低圧側検出をしないように、微妙にスロットルボディを加工し、テスト。異常検出せず→現在では今のところ不具合は出ていません。


各センサー類は、単純ですが正確な作動をしています。人間みたいに「これぐらいでしょ」が無いだけに、厄介な場合もありますね。



もし、この記事を見て「自分も!」と思う方の車両は、ハンドル、グリップを改造していたり、グリップヒーターを取り付けていたりしていませんでしょうか?

勿論、不具合の一例で、個人的な私の勝手な見解ですが、何らかのスロットルの操作に、渋さや引っ掛かりがあり、人間の操作では無意識に異常を回避するように操作し記憶しませんが、その操作が、単純なセンサー類は確実に操作を診て、記憶します。

今回の微妙なマイナス検出の場合も、ハンドル改造とグリップヒーターを取り付けしてあり、スロットルの渋み若干御座いました。
原因はそこにあったのかも知れません。しかし、車両のコンピューターは異常を検出し、運転者を事故から助けるよう正確に作動したのです。

バイクは個性を車体で出す場合も御座いますが、電気制御の現在のバイクは乗る人も・整備する人も、少し気を使ってやらなくちゃいけないのかもしれません。




CB400SB(SACJ)

用品の取り付けですが、Hondaアクセサリーの工数はおかしい!

021_20170905083728624.jpg

グリップヒーター&ETCの取り付けに、これ以上に気を使いながら外しました。

022_20170905083730dc5.jpg


そろそろ、バイクもクルマと同じように、用品を取り付けるのを前提にハーネスを持ってきておくとか、ハーネス電源を、あんな後付感がでるモノじやない様に考えるとか必要じゃ?

「分からないように装着」が、私の師匠からの教えですが、Honda通り組めば、後付感満載です。
なるべく取って付けた感が、分からないように加工して取り付け終了しました。


各メーカー、共通カプラーになりMCSとかFIチェッカーとかを、四輪と同じく「スキャンツール」化を、新型の製品から、やっと二輪も採用するらしいですが、快適装備を隠す事が元々厄介なバイクに、これ以上、高値になるけど標準装備は、オートバイの普及に凄い逆風。

だから、旧型が高値で中古車も高く、よほど欲しい方のみの趣味オートバイに。
世界を席巻している日本オートバイですが、足並みをそろえてワクワクする乗り物「バイク」にまた、帰る事を期待して、頑張ります!シンプルでパワーがある!が良いのでは?













※当店は二輪車の近畿運輸局認証工場です。ブレーキ・エンジン等の脱着オーバーホール(分解・清掃点検・交換)作業を施すには、運輸局による認証が必要です。測定機器・経験など認定される場合は国の厳しい基準にて工場が審査されます。分解整備点検は、国の法律(道路運送車両法第80条)にて、認証工場・指定工場にての車両を点検整備することが基本となっております。





はぎはらモーターは、一台一台、中古車もですが、心を込めて点検整備しています。お客様が気持ち良くオートバイライフを送って頂ける様アドバイス等、真摯にお答えしたいと思っております。是非ご用命をお持ちしております。

コメント

管理者にだけ表示を許可する