~今日は何の日~
(PC版でご覧下さい)

「月面着陸の日」

1969年のこの日、アポロ11号が月面の「静かの海」に着陸し、人類が初めて月面に降り立った(日本時間では7月21日早朝)。

7月20日(金)午前中出張中です。

↑↑↑販売ページはコチラをクリック↑↑↑

CB400S⑧ 車検点検作業風景

長らく、ブログをサボっていました・・・。
いや~、凄くバタバタしていまして・・・忙しくは無いですよ!ただ、手が遅いだけです!


さて、溜め込んだ画像と共に、今回の点検作業を記事にさせて頂きます。

035_20171025164825194.jpg


CBXカラーの2008年型のCB400S⑧です。
オーナーは、良く走るバイク好きの方です。前回、前々回は他店のショップにて車検を受けられていましたが、どの様な状態でしょう?早速分解していきます。


036_2017102516482772a.jpg


点検整備は良くされていると伺っていました。チェックです・・・。

037_20171025164828dd2.jpg


プラグですが・・・新車販売時と同じ物です。デンソープラグ。・・・汚い状態です。
走行は16,000㎞辺り・・・ノーメンテナンスだったと思われます。プラグ外すの簡単なんですが・・・。


055_201710251651013a4.jpg


本当は交換したいのですが、予算もあり・・・ユーザー様に承諾を得て、清掃とプラグギャップの調整にて対応。
全く、大丈夫です。燃焼状態、後のCO/HCテストも、問題無い。手間はありますが・・・。


038_201710251648301d2.jpg

続きまして、エアクリーナーです。汚れています。燃費に直結するエアクリーナー。これは・・・

066.jpg

新品に交換致しました。そんな部品価格も低いので、交換がベストです。


039_201710251648311ab.jpg


ブレーキパーツのフロント部と

040_20171025164908d2b.jpg

リヤ部品。

汚れに汚れています。しかし、流石に清掃はされていたと思いますが、汚れの原因は・・・

045_201710251650301b6.jpg


この、ホイールダストシールに推定原因が!
グリスの大量な塗布です。しかも、マルチパーパスグリスじゃなく、鉱物かモリブデンの柔らかいグリスが大量。

駆動部は熱を持ちます、しかもなかなかの温度に。レース活動の時に実証済みです。時速250㎞/hでも、MAX100㎞/hでもかなりの熱を持ちます。

またレース時の方が、瞬時に熱が上がり、また低速で下がりを繰り返しますが、一般車両の場合は、一定速で走行するのが普通。
グリスの粘度と量を適当に考えると、粘度を無くしたグリスが飛沫し、各パーツに付着します。またブレーキパットにまで飛んでいました。塗りすぎ+用途違いのグリスを使用した結果です。無知ですね。


041_2017102516491081a.jpg

リヤブレーキカム部も分解し、グリスアップ。
当店は、肝心な摺動部やピポット部などは、Hondaシリコーングリスを使用します。

060_20171025165130e7b.jpg

このグリス、高いんですよ!値段が。でも、僕も、お客様も安心な良い物はプライスレス!

手の部品は、リヤブレーキのピポットカラー。(またもやネジロック剤にて取外し時に、少々固められていましたが・・・)


042_20171025164911108.jpg

・・・のリヤブレーキキャリパーと

044_2017102516491481e.jpg

フロントキャリパー。

確かに清掃しても、二年間で汚くなりますが、こびり付いているダストが多く、綺麗に清掃するの苦労しました。

057.jpg

清掃後のキャリパー前後。

064_2017102516520458e.jpg


ゴールドキャリパーは金色に輝いてこそカッコ良さがあります。

052_201710251650575e6.jpg

で、清掃後のブレーキパーツとリヤハブのパーツ類。

053_201710251650581a4.jpg

パットもココまで清掃するのに時間が掛かります。当店は水道水にて綺麗にします。
洗浄用のパーツクリーナーなども御座いますが、イマイチ汚れが完全に取れない。食器用洗剤で、コツコツ洗うのが一番綺麗になります。

051_20171025165055841.jpg

一目瞭然でしょ。気持ちイイ状態です。当然左が清掃&洗浄後です。

054.jpg

ブレーキペダル摺動部も、リンク類も清掃です。気持ちイイタッチが蘇るハズです。

045_201710251650301b6.jpg

で今回のこのダストシールの汚れは、少し厄介で、砂利がカラー部から進入していました。
パーツクリーナーと手で、コツコツ砂利を取ります。
本当はダストシールとベアリングを交換したいですが、予算的に・・清掃で行きます!

046_20171025165031966.jpg
047_20171025165033122.jpg


丁寧に除去し、清掃します。また、ダンパーラバーも点検します。

050_201710251650362e8.jpg

ラバーはまだ、痩せも無く、クッション性も十分です。

049_20171025165034dd7.jpg

ダストシールが綺麗になると、私は、「車検をしてる」という気分になります。

058.jpg

昔、私の師匠に「タイヤ外した時しか磨けない部分も綺麗にするんやで!」と言われました。
今でも、師匠の言葉を守ってます。綺麗にしたらバイク自体が軽く見えます。

061_20171025165159f0d.jpg

水滴はHonda液体バイクワックスです。

062_20171025165201ada.jpg

この部分が綺麗になると、バイクの見栄えが凄く上がるように、私は思います。

ピポット部は、全てシリコーングリス塗布し、組み上げました。


059_20171025165128e04.jpg

リヤブレーキのリンク類も綺麗な状態に。


067_20171025165225d1b.jpg

タンクを外しての作業なので、滅多に開けない部分も、ワックスにて磨きます。
気持ちイイです!

065.jpg

冷却水を交換しました。
5年間交換されていなかった様です。効果は少ないですが、MOTULのモクールをお気持ち注入しています。
これで、エンジン内のライナーの錆も少し防げるかもです。

068.jpg

エンジンオイル→MOTUL H-TECH100、オイルフィルター→Honda純正に交換。
今まで、HondaのウルトラG2?カナだったので、違いが解ると思います。値段はMOTULの方が安価です。

069_201710251652284a4.jpg

リヤパットは、μのエコスポーツに交換。私のバイクにも使っています。
安価の上、十分な制動効果があり、ディスクローターにも優しい。・・・リヤは効き過ぎない方か、走り易いと思います。


070.jpg


車検点検終了です。
まる2日以上掛かる、車検点検です。・・・少し、やりすぎかもですが、綺麗に機能的に良くなったであろうと思います。

後日納車時に、お客様からお金を頂いているのに「ありがとう」の言葉を下さり、何とも申し訳ない気分になります。


082.jpg

いつものオートグリムのワックスにて磨き上げ、CO/HCテスターにて排ガステストを測定し、神戸運輸局に持ち込み継続審査を受けました。

一発にて合格です。今回の検査員さんは「神戸C・・・・(ナンバーです)総異常無し!合格です!」
って、何故か言われました。。


083.jpg


また、このCB400S⑧で仲間と共にいい想い出を作って欲しいです。

しかし、ネジロックとグリスの使い分けと塗りすぎにより、余計不具合が発生していた車両でした。
これで、リセット出来たと思います。次回からの点検と整備は、少し安心して出来ます。












※当店は二輪車の近畿運輸局認証工場です。ブレーキ・エンジン等の脱着オーバーホール(分解・清掃点検・交換)作業を施すには、運輸局による認証が必要です。測定機器・経験など認定される場合は国の厳しい基準にて工場が審査されます。分解整備点検は、国の法律(道路運送車両法第80条)にて、認証工場・指定工場にての車両を点検整備することが基本となっております。





はぎはらモーターは、一台一台、中古車もですが、心を込めて点検整備しています。お客様が気持ち良くオートバイライフを送って頂ける様アドバイス等、真摯にお答えしたいと思っております。是非ご用命をお持ちしております。


コメント

管理者にだけ表示を許可する