~今日は何の日~
(PC版でご覧下さい)

「理化学研究所創設の日」

1917年のこの日、理化学研究所(理研)が、わが国で初めての基礎および応用研究を行う機関として、東京都文京区本駒込に設立されたそうです。

6月19日(火)大阪の友達達が皆無事で何よりでした。営業中です。


↑↑↑販売ページはコチラをクリック↑↑↑

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CB1300SA6 2006年型 車検整備風景

今回は、CB1300スーパーボルドールの限定車の車検点検作業です。


003_20180413100423cd6.jpg


綺麗な状態です。前回車検から全く乗られていないのに、またまた車検です。

分解整備開始です。


004_20180413100425a4e.jpg


バッテリーの充電と、エンジンオイルの交換位で、OKですが、当店は認証工場、チェックします。

006_20180413100425cdd.jpg


約400キロ走行のキャリパー。
ブレーキダストは出ています。

019_20180413100558197.jpg

掃除と点検後です。綺麗になりました。

011_20180413100513a34.jpg

パットの状態です。
測定と、清掃を施し。

012_20180413100515ba8.jpg

綺麗な状態に。
走行後直ぐに清掃かエアブローなど行うと、もっと綺麗な状態です。

008_20180413100428d7f.jpg

リヤブレーキは綺麗な状態です。
しかし、清掃と調整致します。

020_201804131007067ad.jpg

シムやピンも綺麗に。
ブレーキ性能も向上するでしょう。

007_20180413100427836.jpg

プラグの点検です。

009_20180413100512941.jpg


清掃致します。

013_2018041310051620d.jpg

綺麗になりました。
後は乗って、プラグを焼いて調子を上げて下さいませ。

015_2018041310055269d.jpg

レバー類も清掃し、調整。

016_20180413100554664.jpg

綺麗にすると気持ちイイです。

014_201804131005185c3.jpg


エアクリーナーは乾式タイプ。
エアにて清掃し終了です。

018_20180413100557150.jpg


最後に、オートグリムの「スーパー・レジン・ポリッシュ」にて磨き上げ。

021_20180413100708afd.jpg


完成です。

022_20180413100709f6c.jpg


このオートグリムの「スーパー・レジン・ポリッシュ」、かなり綺麗になります。
さすが、英国王室献上品です。ツヤツヤな状態になります。
お客様が喜んで頂ければ、幸です。



日本国は乗っても乗らなくても、2年に一回必ず車検を受ける必要が御座います。
私たちの、生活の糧となる儲けなのですが、本当に必要か分かりません。当店は認証工場の責任が御座いますので、使用状況を確認する為、必ず分解・点検を実施します。

当業界ですが、国からの認証・指定など認可を受けず、車検点検を実施し、料金を発生させているショップも御座います。一般の方は、見た目上同じようなショップである為、昔からある店だとかにて、選択される場合も多いでしょう。

しかし、無許可なのです。整備に対して責任は一切無いのです。腕が良いとか、長く営業しているとか関係なく、私のようなバイク店を営業し、修理を施す際には必ず必要な条件が、国から認可を受けることダケなんです。何の業種でも、どんな仕事でも、作業・スキルに関したライセンスと国の許可が必要だと思うのですが・・・バイク業界・メーカー側も、昔からの風潮に乗っており、しっかり許可を受けたショップの声はかき消されます。よって、新しい者の発展はかなり努力が必要です。

日本国も、この様なグレーゾーンな状態を改正しないといけないと思いますが、この様なグレーゾーン業界にて、諸外国の様な、自動車整備に関する仕事にての位を上げる事は出来ません。よってバイク産業の発展を妨げているように思えます。だから自動車の車検制度も残さずにおれないのでしょう。税金の徴収方法も御座いますが。

一番、迷惑を被っているのは、消費者です。しかし、時代は情報化社会です。そろそろ重い腰を上げないといかないでしょう。









※当店は二輪車の近畿運輸局認証工場です。ブレーキ・エンジン等の脱着オーバーホール(分解・清掃点検・交換)作業を施すには、運輸局による認証が必要です。測定機器・経験など認定される場合は国の厳しい基準にて工場が審査されます。分解整備点検は、国の法律(道路運送車両法第80条)にて、認証工場・指定工場にての車両を点検整備することが基本となっております。





はぎはらモーターは、一台一台、中古車もですが、心を込めて点検整備しています。お客様が気持ち良くオートバイライフを送って頂ける様アドバイス等、真摯にお答えしたいと思っております。是非ご用命をお持ちしております。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。